テーマ:絶滅危惧ことば

絶滅危惧ことば 『乙女』

幾つになっても「乙女」という言葉の響きには胸がときめきますね。 しかしほとんど死に体になってしまったようです。 「乙女」という言葉には若い女性という以外に「初々しい」とか「恥じらい」とか「奥ゆかしい」といった意味合いが込められていると思いますが、この言葉が持つ思いの部分が最近は欠如してしまったようです。 こんな騒々しい時代…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絶滅危惧ことば 「ワークシェアリング・在宅勤務」

最近さっぱり聞かれなくなりました。 「ワークシェアリング」と「在宅勤務」。 こうしたことが定着したからでしょうか。 それとも失業率が改善されて必要なくなったからなのでしょうか。 そんなことを企業が考えなくても人は採用できているからなんでしょう。 企業側からすれば面倒くさいですからね、ワークシェアリングとか在宅勤務なんて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絶滅危惧ことば 「メセナ」 

バブル期のころしきりに話題になったものに「メセナ」がありました。 「メセナ」とは企業が文化的事業の後押しをすることとでも解釈するのでしょうか。 企業の社会的な責務として「メセナ」を取り上げる企業は多くあったし新聞でも話題になりました。 しかしながら、バブルの崩壊と共に「メセナ」も雲散霧消してしましました。 「メセナ」が定着し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more