テーマ:音楽

久しぶりに “カルメン・マキ” を聞きました

若い人は“カルメン・マキ”と言っても知らないでしょうね。 ざっと40年ほど前。 「時には母のない子のように」を唄っていた歌手。 どこかけだるさを感じさせる当時流行のフォークっぽい歌でした。 エキゾチックな顔立ちとロングヘア。 その横顔が印象的で、自分で版木に彫って刷り上げたものを部屋に飾った覚えがあります。 あれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高橋真梨子さんのニューアルバム 『fiesta』

私は真梨子ファンです。 このCDは絹で出来た仕立てのいいドレスみたいな感じがします。 手でさらっと触れた感触は悪くありません。 でもしっかり握りたいと思って指に力を入れるとするりと逃げてしまうようなそんな感触の曲がずらっと並びます。 唄が心に響かない。 男と女の愛、過ぎてしまった愛、後悔が沸々とする愛。 いかにもそれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長渕剛  『ガンジス』 

長渕剛の歌を改めて聴き直したのは3年ほど前から。 いろんなアルバムの中で特に印象深いのが『ガンジス』 初めて聞いたときかなり衝撃を受けました。 感動と言うよりショックに近いものでした。 この曲を作った経緯は知りませんが、想像するに彼の体験の中から出来たものだと思うんです。 ある種哲学的な唄だと思っています。 なぜかと…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

プッチーニの『トゥーランドット』

金メダルをとった荒川選手がフリーの演技をしたときに流れた音楽がこれでした。 彼女の演技はもちろんですがこの音楽が流れてぞくぞくっとしたんです。 どっかで聴いた曲だなーと思いながら。 ただ『トゥーランドット』ということではピンときませんでした。 今朝の朝日新聞の天声人語を見て分かりました。 『トゥーランドット』の中の「誰も寝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春のウィンナーワルツ

新春といえばウィンナーワルツ。 室内楽程度のメンバーでしたが聞いてきました。 ウィーンフィル恒例の元日の演奏を衛星中継で見ましたが、あれはいい雰囲気ですね。 みんな正装して。 一度でいいから聞いてみたい、いや入ってみたいです、ウィーン楽友協会ホール。 「ラデツキー行進曲」はアンコールの最後と決まっているのですかね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋真梨子さん 頑張れ (再び)

「高橋真梨子コンサートに行ってきました。」について 先ほど一旦TBしたのですがそれから改めて「迷い鳩」さんの上の方の記事を見たらなんと9月に入院されたとか。コメントした内容が適当だったかなと思い慌ててTBを削除しました。 改めて、早くお元気になってください。そしてタイトルにあるように「真梨子さんも頑張れ」です。 以下、先ほどの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more