テーマ:つぶやき

防災グッズに携帯ウォシュレット

先日防災グッズのパンフレットを見ていたら携帯ウォシュレットが出ておりました。 形は通常のウォシュレットと同じ。 災害にあった時でも水洗でないとダメという人もいるのかな~・・・・・ 私なんか昔の人間ですから、子供の頃は新聞紙を手で揉んで少し柔らかくして 使ってたんですけどね。 そんなことを思いつつメーカーHPを見てみると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草間彌生展

松本市美術館にて開催中。 11月初めまでの予定です。 前回(もう何年前だったか)見ているので今回は美術館周りをウロウロしただけ。 中庭に大きな草間カボチャが配置された居ました。 これをおもしろ半分に撮ってみました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちらNHKですが

NHKの放送で良く流れてくるのが 「NHKのテレビやラジオの放送は皆さんの受信料で作られています」というあれ。 これって聞いていて不快な気持ちになりますね。 まるでNHKが番組を作ってやってんだから受信料を払えってと言わんばかり。 まあそう言いたいんだろうけど。 公共放送で受信料を頂いて番組を作っているんだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑メール さようなら

最近なぜか迷惑メールがやたらに増えている。 メールを開いても必要なメールがどこにあるのか分からない。 受信拒否メールリストを連発してもさっぱり効果がない。 業を煮やして受信許可リストに登録したメールだけ受け付けるようにした。 こうすると受信トレイには最低限必要なメールしか出てこない。 残りは迷惑メールフォルダー行き。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「感動させる」という言い方は

最近耳につく言葉 スポーツ選手がよく 「感動させるプレーをしたい」とか「感動させる演技をしたい」 とか言うがこれはかなり耳障り。 「感動させる」というのは「感動させてやる」といういかにも上から目線の言葉。 命令調にも聞こえる。 普通は「感動してもらえる」というべきところだろう。 こういう物言いが正しいと思っているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝青龍のファンでした

不祥事で引退した朝青龍。 思い出してみると、大関まではファンでした。 当時の相撲といえば巨漢が土俵上で押し合うだけのつまらんものでした。 曙がその代表格。 そこに登場したのが朝青龍。 昔~の初代若乃花のような技の切れ味がありました。 彼は確かに土俵に活気を与え、相撲のおもしろさを復活させてくれました。 しかし既…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝青龍問題の調査委員会

この委員会はやる気があるのかね。 今朝の新聞によれば 朝青龍のマネージャーに話を聞いたとある。 ところが内容はさっぱり要領を得ない。 しかも、当初マネージャーが殴られたという情報の確認も出来ていない。 朝青龍本人の聴取はしなさそうだし。 被害者の状況は警察に聞けばいいって。 まるっきりやる気がないんじゃないの。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「良いお年を」 と「いい年をして」

今年もあと数時間を残すだけ。 年末の決まり文句は 「良いお年を」 この言葉を聞きながらふと 「いい年をして」 と似ているではないかと思った次第。 似て非なるとはこのことか。 来年は「いい年をして」と良い意味で言われたらいいですな。 それでは「良いお年を」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風情報はやっぱり首都圏中心

台風18号が信州を通り抜けて行った。 当地に最接近したあたりからストンと風がやみ雨も上がってしまった。 何だか拍子抜け。 今日未明、風の音で目が覚めてなかなか寝付けない。 仕方がないのでNHKラジオで台風情報を聞いていた。 5時頃に愛知県に上陸。 その後は首都圏の交通情報が何度となく繰り返えされる。 首都圏にも被害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノリピーはそんな大事件なの

マスコミは大騒ぎしています。 ですがたかが一芸能人が麻薬を使ったことが新聞の 一面記事になるとかNHKのトップニュースになることなんでしょうか。 そりゃ麻薬を使うことは反社会的な行為であることはわかりますが ありゃ、騒ぎすぎ。 草薙クンの時の騒ぎと同じです。 格好のネタが見つかるとワッと飛びつく。 半月もすると潮が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜘蛛はガムテープの上を歩けるか

梅雨が明けたとはいうものの毎日よく雨が降ります。 この時期になると女郎蜘蛛があっちにもこっちにも糸を 張っております。 龍之介の小説を思えばクモをそっとしておけばお陀仏になった時に なんかの御利益があるかもしれません。 でもそこはそれ、やっぱり邪魔なんですね。 庭を歩いているとしょっちゅうクモの糸に引っかかるし。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水着が泳ぐ世界水泳

イタリアでやっています 世界水泳。 毎日世界新記録の続出 もっと盛り上がっていいはずなのになんだか冷めています。 ラバー性の水着とかなんとか。 高速水着とか いずれは非公認となる水着を着用しそこで出た記録は 公認されるという矛盾に目をつぶって。 まるで筋肉増強剤を使って泳いでいるような あるいはスプリング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曲がったキュウリをじっと見ながら

僅かばかりの家庭菜園で食料自給率アップを目指しています。 自分で野菜を作ってみると農家の方の苦労が身に染みます。 農薬は使わないつもりなんですがどうしても虫はつくし、病気は発生するしで これっぽっちしか植えてなくても管理は大変です。 植えているのはごくスタンダードに なす、トマト、キュウリ、ピーマンなどです。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府公報 「低炭素社会」

今日の新聞折り込みに4ページの広報。 「未来を救った世代になろう」というタイトル 低炭素社会づくり 政府公報 私たち一人ひとりができること と 5つの項目が挙げられています。 その内4っはお金を使ってエコ製品に変えろとおっしゃる。 グリーン家電、太陽光発電、エコカーそして燃料電池。 こういったものを買ってエコに励…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型インフルエンザ ランキング

ついこの間まで新聞の一面に新型インフルエンザ感染者の国別 ランキングが掲載されていました。 どこかオリンピックのメダル獲得数に似ていると感じておりました。 10日ほど前までは我がJAPANは下位に低迷しておりました。 こればかりは上位に行かなくても良いと思っていたのですが。 あに図らんやこのところメダル獲得数の伸びが著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬式テニスで悪戦苦闘

いい年をして4ヶ月前から硬式テニスを始めました。 といってもテニスに全く土地勘がないわけではありません。 40年ほど前、軟式テニス(今はソフトテニスといいますが)を 10年ほどやっておりました。 軟式をやっていたときに遊び気分で硬式をやったことがあります。 そうしたら軟式が打てなくなり以来硬式ラケットには触れたことがありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネコンが増えたけれど

久しぶりに映画を見に行きました。    『誰も守ってくれない』 おもしろいと言ったら顰蹙を買いそうなかなり重いテーマです。 殺人容疑者の家族をマスコミやネットの攻撃から警察が守る というのが話の筋です。 いかにもありそうなストーリー。 かなり良くできた映画だと思いましたが、加害者の家族である 少女が容疑者である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣総理大臣 朝青龍殿

昨日に続き相撲の話題。 麻生さんがまたやってくれました。 もっとも今回の事件はマスコミも好意的のようですが。 千秋楽 朝青龍の表彰式でのこと。 総理大臣杯を麻生さんが直々にお渡しになりました。 ニコニコというか少しにやけた感じで土俵上に登場。 おもむろに表彰状を読み上げた。 『内閣総理大臣 (一呼吸あっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横綱の品格

大方の予想を覆して朝青龍が優勝した。 朝青龍は大いに溜飲を下げたことだろう。 昨日の記者会見でのご機嫌の良さにもそれが現れている。 ところで横綱審議会は優勝した時のガッツポーズが 横綱の品格にふさわしくないとクレームをつけたとか。 たまたまあのシーンをTVで見ていたが、朝青龍のうれしさが 素直に出ていてさほど違和感が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の”オバマ”ブーム

ここ数日のマスコミはオバマで大変。 いかに日本への影響力が大きいとはいえ所詮他国の大統領。 それがまるで日本の大統領の如しですね。 街頭の人が「日本にもオバマのような政治家が・・・・」 というコメントを聞くといささか情けなくなる。 そりゃあのようなフレッシュで実行力がありそうで、なおかつ 見た目のいい政治家が居りゃい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5年日記

毎日書いているわけではありませんが一応メモ代わりに 思いついたときに日記帳をつけています。 5年前、還暦になった年に5年連記の日記帳を購入しました。 その時、あと5年はたして生きられるのだろうかと思ったものでしたが なんとかそれはクリアー。 そしてその日記帳が終わったので昨年暮れ新しい物を購入しました。 その折り何年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原油先物価格は暴落しているというのに

ニューヨークの原油先物価格は1バーレル40ドル割れの気配。 一時は147ドルを付けたこともあったが世界的な金融不安とそれに伴う景気悪化の影響をもろに受けた格好。 日本の場合これに加えて円高ドル安展開となっているのでこれを加味すると最高値の1/4以下にまで下落したことになる。 原油が高騰しているときには大騒ぎしたのに下落展開…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

事故米の後始末に150億円

旧聞ですが事故米による風評被害を被った企業などに対して農水省は150億円程度の保障を行うという記事があった。 一体この金はどこから捻出されるのだろうか。 もちろん当初予算にはあるはずがない。 予備費的なところから出すのだろうか。 それとも例の埋蔵金か。 これは国会の承認もなく農水省の判断だけで実施されるものなのだろうか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「街道てくてく旅」が終わりました

先週で四国八十八ヶ所を廻る旅が終わりました。 四元さん ご苦労さまでした。 春と秋に分けて103日の旅でした。 当初は一日いくらも歩いていないよ~と思っていましたが 毎日TV放映があって朝の出発時間は遅いし 道中での撮影や色々なお接待があったりで それ程歩けないと言うのはやむを得ないでしょうね。 何より人との出会いが大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BS「街道てくてく旅」

今週から四国88ヶ所巡りが再開しました。 5月に自分が歩いた所と重なるので毎日見ています。 実は5月の放映の時も見たのですが 違和感があって斜に構えながら見ていました。 その違和感というのは あれは「歩き遍路なんかではない」という感覚でした。 てくてく旅で大体一日に歩く距離が10~15km 歩かない方の私でさえ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イ・スンヨク選手に拍手を

オリンピックの野球は韓国がキューバを3-2で 破り完全優勝を成し遂げた。 昨日のこの試合、どちらにも金メダルを取らせてやりたい ような緊迫した試合だった。 日本との準決勝でそれまで不振だったイ・スンヨク選手の ホームランで日本は息の根を止められた。 巨人在籍の彼がどんな心境かといささか複雑な気分になった。 翌日の新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星野ジャパンが韓国に負けちゃった

あれだけ打てなかったら勝てません。 星野監督は相手投手を褒めていたが、そこを何とかするのが 代表に選ばれた選手達ではありませんか。 素人目には何とかしようと策を弄したとは見えません。 2-1で日本が勝っているところまで見ていましたが たぶん負けるんではないかと途中で見るのを中断。 後で結果を見たらやっぱり負けでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京五輪と朝貢的態度

チベット問題でごたごたした聖火リレー。 戒厳令下のような北京。 そんな中で中国の歴史と国力を誇示する開会式。 北京オリンピックはいささかうんざりだ。 オリンピックと政治は別物といいつつ国力を示す事で 国内外にアピールしようとする。 政治臭ぷんぷん。 ベルリンオリンピック以来ではないだろうか。 こんなことは。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遍路と無思量

網膜剥離を起こす少し前の五月に四国遍路に行って来ました。 網膜剥離が遍路の疲れからではないかと心配してくれた人や お遍路しても目を患うなんて御利益がないと言ってくれた人など 様々な反応でした。 それはさておき今回は満を持してのお四国の旅だったはずでした。 昨年秋の予定が今年の早春に延びそれも駄目で5月になったのですから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「網膜剥離」の顛末 (最終回)

今日(7月13日)は手術から丁度一ヶ月。 手術日は6月13日の金曜日でした。 ついでに仏滅の さんりんぼう なら最高だと調べましたが生憎それは 外れておりました。 退院した時は未だ眼球にガスが少しだけ残っておりました。 仕方がないのでその日はうつ伏せで寝ました。 枕とタオルを顔や胸にあてがいうつ伏せでもいけるように し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more